幸せを呼ぶクチモッコリのベンガル猫アカマルがくれたはっぴぃらいふ♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカマルの性格
2009年03月24日 (火) | 編集 |

リアルさんにいた頃のアカマルは、子猫のベンガルの男の子としては
めずらしいほど大人しく、女の子のような性格と言われていたのだが・・・
うちの子になった途端、その穏やかな性格はどこへやら汗あせ

初めての病院で先生に言われたこと・・・

「この子を大人しい猫に育てたいのなら、猫じゃらしのようなオモチャで
あまり遊ばせ過ぎないように・・・猫の本能を目覚めさせてしまってから
暴れん坊で困るから、静かな猫になってほしいと思っても遅いので・・・
子猫時代の飼い主の接し方で、その子の性格は決まってしまいます。」

あぁ~わかっているのに・・・やめられないダメな親達汗
こんなに可愛いアカマルと、おもいっきり遊べないくらいなら・・・
わんぱくでもいい~たくましく育ってほし~と、考えることに決めた 笑う ナイス

その選択がよかったのか・・・わるかったのか・・・
ヤンチャぶりは、日ごとにエスカレートしていくばかりjumee☆paw4

棚の上の物は、すべて落とさないと気がすまないらしく
これまでアカマルによって破壊された物は数知れず・・・

悪いことをすれば、しつけとして叱らなければならないのだが
叱ろうとすると、ウルウルした瞳に見つめ返され返り討ち~
可愛い~なんて油断していると、逆にアカマルから反撃をくらう 怖い

そんな親達のドタバタを楽しむかのように、今日もアカマルは
毎日の日課となってるイタズラに精を出しておりますがっくり

それでも手のかかる子ほど可愛い~ものででっかいハート
毎日が戦争のような生活を楽しんでる親バカ夫婦なのです。


Image416.jpg
アカマル本日の作品は・・・ジュラシックな障子汗あせ


Image227.jpg
仕事から帰ってきたダンナに叱られると・・・


Image623.jpg
反撃のガブリ~
これが我が家のいつもの光景ですがっくり


にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。