幸せを呼ぶクチモッコリのベンガル猫アカマルがくれたはっぴぃらいふ♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチン接種
2009年03月21日 (土) | 編集 |

病院の薬が効いて、アカマルのウンPも良い感じになってきたうんち
なんて~安心したのもつかのま・・・
薬がきれると、また少しずつ軟らかくなっていくウンPjumee☆line18R

今度こそ重症になる前に、ウンPを持参して病院へ連れて行くぞぉ病院
でもなぁ~あんな強烈なデビューを果たした前の病院に連れて行くのは
ちょっと勇気がいるしなぁ・・・初めに電話した近くの病院に行ってみるか汗あせ

まだ採取可能なウンPとアカマルを連れて、再び別の病院へと急いだ 青色の車

そこは前回の病院に比べ、先生やスタッフの年齢は少し高めだったが
診察室が3部屋もあり、いろんな設備が整っている大きな病院だった。

早速ウンPを検査してもらったところ、やはり結果は前の病院とほぼ同じ。
前回の薬には抗生剤が入っていたので、アカマルは飲むのを嫌がっていた。
しかし、今回の薬は整腸剤だったため、アカマルも嫌がらずに飲んでくれた。

そんな理由から~とりあえず今回の病院が、アカマルのかかりつけ病院に決定!

アカマルのワクチン接種1回目は、ブリーダーさんが済ませてくれていた。
そして・・・2回目のワクチン接種予定日の11月21日がやってきた。

ウンPの調子もバッチリだし、予定通り今日ワクチン接種に連れて行くどぉ矢印
張り切る私を横目に、二度の受診ですっかり病院嫌いになったアカマルおちこみ

診察室に入ったアカマルは、苦手な病院の雰囲気におびえまくり。
ワクチンの準備が整い、首元に注射を打たれたその瞬間・・・
シャーッシャーッシャーッにゃんこ怒

すさまじい威嚇に驚いた先生が、思わず注射から手を放してしまい
アカマルは首に注射が突き刺さったままの状態で威嚇し続けてる注射3-2怒

「えええぇぇ~えぇ

身の危険を感じてとった行動なのだろうけど・・・それって汗
いくらベンガルとはいえ、アカマルはまだ2ヶ月の子猫なのに
獣医さんって・・・こんなものなのはてな

あぁ~また別の病院を探さねばがっくり




ワクチン接種後のアカマルは驚くほどオトナシクなって
長い時間ずっと寝たままでしたzzz



心配しましたが・・・翌日には元気なアカマルが復活ニクキュウ
信頼できる病院を選ぶのってホント難しいですね汗あせ


にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。